Bee's Cotton Wrap

Bee's Cotton Wrap

ビーズ コットンラップ

オーナー カツコ・リドルさん

 

2022年までにオアフ島内での使い捨てプラスチック製品の使用を禁止する法案を可決したハワイ。これまで以上にエコロジカルな都市をめざしています。そこで今日は蜜蝋(ミツロウ)を使った環境にやさしい食品用ラップをオアフ島ノースショアで製造・販売している Bee’s Cotton Wrap をピックアップ!

 

蜜蝋ラップとは生地に蜜蝋やオイル、樹脂などをを染み込ませて乾燥させたもので、プラスチックラップの代わりに使用できます。何度も洗って使えることに加え、蜜蝋には抗菌作用があるので食品の鮮度が長持ちするという優れもの!Bee's Cotton Wrapはオアフ島ノースショアでひとつひとつ手作りされています。

 

Bee's Cotton Wrapでは生地はインド産のオーガニックコットン、そして蜜蝋はオアフ島東側にあるオーガニックファームで獲れたものを使っているそう。ラップサイズは3種類あってプリントもカラフルでとってもかわいい!野菜やフルーツ、おにぎりやサンドイッチをそのまま包んだり、食品の入った容器にフタとして使用できます。程良い粘着力があるので手の温度でソフトになり、冷えると固まる性質があります。

ただ蜜蝋は熱に弱いので暖かいものを包んだり、熱い容器をカバーしたり、電子レンジでの使用は避けてください。お湯を使うと蜜蝋が溶け出してしまうので、洗うときは必ず水で。そういうケアに気をつけて使えば繰り返し150〜200回ほど、だいたい1年間くらいは使用できるので経済的でエコな製品なんです!

 

ご自身が病気をしたことで、身近な環境を見直したことがBee's Cotton Wrapを作ることになったきっかけだと話してくれたカツコさん。普段からなるべくプラスチックごみは出さない努力をしているそうですが、それでも家に来てしまったもの(たとえばヨーグルトのパッケージなど)は家で容器代わりに何度も使ってから捨てるようにしているそう。

 

オアフ島ノースショア暮らしが15年になるというカツコさん。海を守ろうというマインドの強いこのエリアでは、自発的にビーチのゴミ拾いのボランティアなどを行う人も多いそう。カツコさんも参加したり、ボランティアの方達に使ってもらうようBee's Cotton Wrapを寄付したりしているんだとか。コミュニティの人と人とのつながりがとても強くて濃いというこの場所が大好きだと話してくれました。

 

ハワイではWhole FoodsやハレイワのGuava Shop、ホノルルのDown to Earth他、様々なショップで購入できます。リストはウェブサイトでご確認ください。オンラインショップもあるので、ぜひチェックしてくださいね〜!

 

Bee's Cotton Wrap >>
https://www.beescottonwrap.com/
https://www.instagram.com/beescottonwrap/


日本国内でも購入できます >>
https://www.beescottonwrap.jp/

 


 (転載禁止  All Rights Reserved.)