Local Report

Hitomi Williams / ヒトミ・ウィリアムズ

ハワイ現地スタッフとして番組開始当初から iHeart Hawaiiの番組制作に関わる。東京出身、ホノルル在住。ハワイ関連のメディア全般、ツアー企画、通訳業務などに携わる。番組ではハワイでのふとした日常をピックアップ!番組以外のインスタもぼちぼち更新中〜。


04/04/20

Aloha〜! ハワイスタッフのヒトミです 😊
ハワイらしい食べ物といって思い浮かぶものはたくさんあると思いますが、その中から今日はスパム (SPAM) について。スパムとは缶入りのハムのことで、ハワイでは本当によく食べられている商品。一番知られているメニューは何と言ってもスパムむすび!手軽に食べられるメニューとして人気です。

 

このスパム、アメリカ・ミネソタ州の Hormel という食品メーカーが1937年に販売を始めた商品。当初の名前は「The Spiced Ham」だったそうなんですが、これがなかなか浸透しなかったのでこれを縮めて「SPAM」という名前に変更したんだとか。ナイスアイデア!

 

缶入りで常温保存ができるので、第二次世界大戦の時には兵士たちがよく食べていたので世界中で知られるようになったそう。そんな中、ハワイでの消費量はダントツに多く、本当に普段の暮らしに根付いている食材です。

 

Hormel が作るスパムは現在15種類。オリジナルの他に、塩分を控えたものやテリヤキ、ブラックペッパー、ガーリック、パラペーニョやチーズが入ったものも。ハワイで全種類を食べてみる、なーんていうチャレンジ、面白いかも〜?

 

ワイキキのカラカウア通りでは毎年4月に スパムジャム (Waikiki Spam Jam) というお祭りが開催されます。スパムを使ったいろんなメニューが楽しめたり、スパムグッズも買えるというローカルに大人気のイベント。残念ながら今年は延期になっているので、日程がはっきりしたらまた番組でお知らせしますねー!

 

Hormel  SPAM  >>  https://www.hormelfoods.com/brand/spam-brand/

 

以上、ハワイのヒトミでした。

ではまた来週〜 👋 😊 

 



03/28/20

Aloha〜! ハワイスタッフのヒトミです 😊
ハワイには 歴史的に重要な意味を持つ場所が 今もたくさん残されていますが、今日はその中のひとつ、オアフ島ワヒアワにある Kukaniloko(クカニロコ)をご紹介します!

 

オアフ島のちょうど真ん中辺りに位置するワヒアワは農業地帯としてパイナップルや野菜の栽培が盛んなエリア。その一角にある180個の大小様々な石が並んでいる場所がクカニロコです。ここはバースストーンという名前でも知られていますが、それはその昔、ハワイ王族の方が出産をする場所だったから。この場所を代々ケアしているという方に話をうかがいましたが、11世紀に作られたというこのクカニロコは出産だけでなく、船で旅をする時に必要な星の動きや、また石が作りだす影の大きさで月日を知るというような、当時のハワイのリーダーたちに必要だった教育をする場でもあったそうなんです。

 

ここにはオアフ島の中心であることを示す石「ピコストーン」がありますが、実は近年、きちんと測量などがされこの石が本当に物理的に島の中心になるポイントに置かれているということもわかっているそうです。興味深い!

 

ここは日本でいうお寺や神社のように神聖な場所。むやみに石の上に登ったり座ったりしないこと、そして石や植物など敷地内にあるものを持ち帰らないようお願いします。また石の上にレイをかけて帰る方もいらっしゃるようですが、石の上に物を置くのはいけないこととされているので、どうぞ何も置いていかないでくださいね、とお話ししてくれました。

 

ここに立って周囲360度に広がる山や草原や青い空を見回しながらサワサワと風に吹かれると、なんだか長〜い歴史を肌で感じるような気がします。行かれる際にはぜひ敬意を持って訪れてくださいね!

 

以上、ハワイのヒトミでした。😊

 



03/21/20

Aloha〜! ハワイスタッフのヒトミです 😊
ハワイの花というと何を思い浮かべますか?私はやっぱりプルメリアかな〜。かわいらしい姿と何と言ってもあの香り!3月から10月頃までがシーズンでこれからどんどん咲くので、あの優しく甘い香りが楽しめます。

 

プルメリアの原産国はメキシコや中央アメリカの国々で、ハワイに持ち込まれたのは1860年。ハワイの気候がプルメリアにぴったりだったようでよく育って、あちこちで本当によく見かけますよね。

 

花の色は白、黄色、ピンク、赤などがあって、花びらの形も丸みを帯びたものや先のとがったものなど色々あります。香りもそれぞれ微妙に違うので、花を見かけたら香りを楽しんでみるのもいいと思います。

 

耳の上に花を差して飾ってみるのもハワイらしい体験!プルメリアは最適です。私は地面に落ちている花できれいなものをピックアップしています。枝に咲いているプルメリアをポチッと取ると白い樹液が出てきますが、この樹液は肌に付くとかぶれてしまったり洋服に付くと洗濯しても落ちないシミになってしまうので要注意!

 

ハワイでは挿し木用のプルメリアの枝が売られているので買って帰る方も多いようですが、日本で花が咲くまでに育てるのはかなり難しいみたいですね。ぜひハワイにいらっしゃった時に存分に楽しんでくださいね♪

 

以上、ハワイのひとみでした。

ではまた来週〜 アロハ🌺

 



03/14/20

Aloha〜! ハワイスタッフのヒトミです 😊
ハワイにいらした時にハワイならではの美味しいものを食べる、というのも旅行の楽しみのひとつですよね〜。ハワイではまだまだ食料品全般を輸入に頼っていますが、少しでも食料自給率を上げてサステナブルなコミュニティにしようという「Eat Local・地産地消」というコンセプトはだいぶ知られてきていて、「できるだけハワイ産のものを買うようにしている」という地元の人もかなり増えています。

 

ただ本当に長いスパンでのサステナビリティを考えたら、今の子供たちに将来、農業や漁業に関わってもらう必要がある、ということで2014年から始まったのが Localicious Hawaii(ローカリシャス・ハワイ)というキャンペーン。これは毎年3月の1ヶ月間、地元の食材を使った特別ローカリシャス・メニューをレストランで提供し、その売り上げの一部を地元ハワイの小学生への教育にあてるというもの。その教育の内容は農業を中心に、楽しみながらサステナビリティの大切さを学ぶというプログラム。

 

このLocalicious Hawaiiの主旨に賛同するレストランは年々増えていて、今年はオアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島合わせて200を超えるレストランがそれぞれ趣向を凝らしたメニューを3月末まで提供しています。

 

このキャンペーンを主催しているNPO団体 Hawaii Agricultural Foundationに今まで何度かお話をうかがってますが、子供達が将来、直接農業の仕事に就かなくても、たとえば研究者になって何かハワイの農業に役立つ新しいテクノロジーを開発してくれればそれもとても喜ばしいことだ言ってました。確かにそうですね!

 

3月中にハワイにいらっしゃる方、ぜひこのLocalicious Hawaiiに参加しているレストランで美味しい食事をして、ハワイのサステナビリティに協力してみては〜?😊

 

参加レストランはこちらでチェック! >> https://www.hawaiiagfoundation.org/events/localicious/#

https://www.instagram.com/localicioushi/

 

以上、ハワイのひとみでした。
ではまた来週〜 アロハ!

 



03/07/20

ハワイに滞在していらっしゃる間、夜はどんな時間の過ごし方をされていますかー?せっかくなので日本ではあまり体験できないようなことを、と思ってご紹介したいのがアウトドアでの映画鑑賞!

 

まずワイキキで開催されるSunset on the Beach。ホノルル動物園の前のQueen's Surf Beachに設置されたスクリーンで夏の間に毎月一回、映画が上映されるというイベントです。今年のスケジュールはまだ発表されていませんが、どんな映画が見られるの楽しみ!

Sunset on the Beach >> https://www.waikikiimprovement.com/events#sunset-on-beach

 

そしてホノルルでもう1ヶ所、ワードエリアで毎月第二水曜日に開催される
Cinema in the Park。こちらの会場はワードビレッジショップス / Ward Village Shops にあるVictoria Ward Parkで芝生に座って映画を見るというリラックスムードのイベント。海からの風を感じながらサンセットで変わっていく空の色をバックに映画を見る、なんてちょっといいですよねぇ〜。3月11日(水) に上映されるのはアニメーション映画の「ペット2」!🐶 😸

8月までの上映予定はこちら >>
https://hiff.org/festivals-and-events/cinema-in-the-park

 

無料でどなたでも参加できますが、事前にウェブサイトから予約が必要です。当日、ワードエリアで食事をしたり会場に持ち込むフード類を購入したら、そのレシートを入場の時に提示するとVIPエリアで映画が見られるそうですよ〜。行かれる時は芝生の上に敷くものや、日が暮れて涼しくなった時のためにちょっと羽織る上着などもお持ちくださいね!

予約はこちらから >> https://www.wardvillage.com/event/cinema-in-the-park/


以上、ハワイのひとみでした。
ではではまた来週〜!

 



02/29/20

毎年3月に行われているホノルルフェスティバルが今年も3月6日(金)〜8日(日)に開催されます。今年で26回目を迎えるホノルルフェスティバル、日本とハワイの交流をより深めるために1995年に始まりました。

 

日本人が移民として最初にハワイに渡ったのが1868年(明治元年)。今ではハワイ州の人口の5分の1が日系人となり、また毎年150万人以上の日本人がハワイを訪れるなど、ハワイと日本には本当に親密な関係があるんですよね。

 

このホノルルフェスティバルの開催中は色々なイベントが行われますが、何と言っても圧巻なのがフィナーレを飾る長岡花火。2012年にホノルル市と新潟県長岡市が姉妹都市になったことで、以降、毎年最終日に打ち上げられるようになりました。この日の花火は日本から輸入されて、打ち上げには新潟の花火師さんたちが関わっているそうです。

 

豪華な中にも繊細さがある花火自体の美しも本当に素晴らしいんですけど、続けてバンバンバンと上がるこちらの打ち上げ花火と違って、それぞれの花火が上がるタイミングに独特な間のようなものが感じられて、こういうところにも日本的な風情が現れているよう気がします。こちら地元の人もね花火は大好きなので、この長岡花火は毎年とても話題になります。

 

ハワイを象徴する都市でもあるホノルル。ハワイが好き!という方の中には、ホノルルを思い浮かべている方もね多いのではないでしょうか〜?ということで今日選んだ曲は The Makaha Sons の "Honolulu/Waikiki" 。ホノルルと恋に落ちてしまった…と歌っていますが、別の曲 "Waikiki" からのフレーズが入っているのもすごくいい感じです。

The Makaha Sons "Honolulu/Waikiki" >> https://amzn.to/2I1Meth


以上、ハワイのひとみでした。
ではではまた来週〜!

 



02/22/20

ハワイにいらっしゃると何だか体を動かしたくなるなーという方も多いのではないでしょうか〜?ウォーキングやジョギング、そして海で泳いだりと、朝早い時間帯も気持ちがいいし、夕暮れ時に空の色が変わっていくのを眺めながら、というのもいいですよねぇ。ついでにもう少し運動しちゃいませんかーということで、今日は無料で誰でも使えるアウトドアのエクササイズスポットをご紹介します!

 

まずはダイアモンドヘッドにあるエクササイズ・パーク。ダイアモンドヘッドといっても中ではなくて外側の斜面、ちょうどカピオラニ・コミュニティカレッジの向かい側あたりです。ここにはトレーニングマシン的なものがいくつも並んでいて(ウェイトの重さの調節はできませんが)どなたでも自由に使えます。青空の下にずらっと並ぶマシンたち、ちょっとシュールに見えたりもします〜。

 

そしてカピオラニ公園やアラモアナビーチパークにもエクササイズスペースがあります。こちらに設置されているのは鉄棒や平均台、腹筋をするための傾斜のついたテーブルなどアナログ的なものばかりですが、あなどるなかれ、たくさんの人が利用しています。マッチョな方がもくもくと懸垂を続けていたりシニアの方が控えめに鉄棒にぶら下がっていたりと、太陽の下でみんな周りを気にせずに気軽に運動している姿はまさにエクササイズのアイランドスタイル!

以上、ハワイのひとみでした。
ではではまた来週〜!

 



02/15/20

今日はハワイで開催されるちょっと面白いイベントをご紹介します。それはハワイ語で「パニオロ」と呼ばれるハワイのカウボーイたちが登場するロデオ大会!ハワイ島ヒロでは 2月15日(土)〜17日(月)、第28回 Panaewa Stampede Rodeo が、またカウアイ島では2月20日(木)に第47回 Kauai Paniolo Showdown 2020 がそれぞれ開催されます。

 

ハワイでロデオ?と思われるかもしれませんが、実はハワイのカウボーイには長い歴史があるんです。カメハメハ1世への贈り物としてハワイに最初の牛が持ち込まれたのが1793年のこと。温暖な気候でエサとなる牧草も豊富だったために牛たちはどんどん繁殖し野生化して、住民の生活に影響を及ぼすほどに。そんな牛たちの管理をするためにメキシコから牧畜の技術とカウボーイたちをハワイに持ち込んでハワイ島に牧場を作ったのが1800年代半ばのことでした。

 

このメキシコのカウボーイたち、ハワイへやってくる時にギターを持ってきたそうなんですけど、その彼らの演奏方法がハワイの人たちによって進化を遂げて「スラックキーギター」というハワイ独自の音楽が生まれたとも言われているんです。

観光がハワイの産業のメインになるにつれて牧畜業はだいぶ縮小しましたが、今でもハワイ州内にはいくつも牧場があって、パニオロも存在しています。そしてこのハワイ特有のパニオロ文化を守っていこうという動きも活発になっているんです。色々な意味でハワイ文化に大きな影響を与えたパニオロたちでした。

第28回 Panaewa Stampede Rodeo >>
http://hawaiirodeostampede.com/about/

第47回 Kauai Paniolo Showdown Rodeo >>
https://kauaifestivals.com/…/42nd-annual-waimea-town-celeb…/

 

以上、ハワイのひとみでした。
ではではまた来週〜!

 



02/08/20

もうすぐバレンタインデーですね〜。 日本だと女性から男性へチョコレートを贈るという習慣がありますけど、ハワイでは性別にこだわらず誰もが愛を表現する日。ご夫婦やカップルならレストランへ食事に行ったり、プレゼントを送りあったりしますし、たとえば奥さんの働く職場にご主人から花束が届く、なーんていう習慣もハワイに限らずアメリカでは結構普通に行われています。

 

最近ハワイではこのバレンタインデーにバウ・リニューアルをするカップルが増えています。バウ・リニューアルとは結婚しているカップルが再び愛を誓い合うセレモニーのこと。一年中いつでもすることはできますが、せっかくなのでバレンタインデーに、というご夫婦が多いようです。

 

そんな中、バレンタインデーに複数のカップルがいっしょにバウ・リニューアルをするというイベントが話題になっています。場所はオアフ島コオリナ。美しいラグーンを背景にして開催されるこのイベントには去年も多くのカップルが集まって盛況だったそうで、今年も開催されます。

 

コオリナにはフォーシーズンズリゾートやマリオット、そしてアウラニ ディズニーリゾートなどもあるので、ゆったりとロマンチックな時間を過ごすバウリニューアル旅行、なんていうのもいい思い出になるんではないでしょうか〜💙

https://www.facebook.com/events/180179856565807/

 

以上、ハワイのひとみでした。
ではではまた来週〜!

 



02/01/20

毎年この時期になるとホノルルで地元の人が楽しみにしているイベント、プナホウ・カーニバルが開催されます。会場となるのはプナホウスクールという幼稚園から高校まである学校で、創立したのは1841年。オバマ元大統領が通っていたということでも知られています。

 

このプナホウ・カーニバル、今年は2月7日(金)、8日(土)の二日間の開催。学校の敷地内に移動遊園地や多くのフードブースがゲームのブースが出ますが、運営は全て学生や先生、親御さん、卒業生、ボランティアの方々によって行なわれます。

 

もともと1932年に当時の生徒たちが資金集めのために開催したのが始まりで、現在ではこのプナホウ・カーニバルでの売り上げは経済的な援助が必要な学生さんたちへのサポートに使われています。

 

遊園地のないハワイでは、こういうところで楽しめる乗り物やはアトラクションが子供から大人まで大人気。私もいくつか乗ったことがありますけど、どれも大きさはちょっと小ぶりですが動きが結構機敏で、独特のスリルが味わえます!

 

入場自体は無料ですが乗り物やフード類は有料。支払いは会場でスクリプトと呼ばれる金券チケットをあらかじめ購入して、その都度必要な金額分をちぎって支払います。こういうところもなんとな〜く楽しい!子供から大人まで楽しめるのんびりしたローカルムードいっぱいのイベント、一度のぞいてみてはいかがでしょうか〜。

カーニバルの様子がわかる動画はこちら >> http://bit.ly/2RH51zB

 

以上、ハワイのひとみでした。

ではではまた来週〜!👋😄 

 



01/25/20

今日1月25日は旧正月。中国をはじめアジア圏では大切な祝日とされていますが、英語ではChinese New Year と呼ばれ、ハワイでもあちこちでお祝いが行われます。

 

まず欠かせないのはライオンダンス。これは中国の獅子舞で、小さなシンバルのような楽器と太鼓が奏でる威勢のいい音楽に合わせてライオンたちがすっごくカラフル!赤、緑、オレンジ、ピンク、紫などを使ったかなり派手めな出で立ちで、大きく体を揺すって踊ります。

 

オフィスや商店などでは商売繁盛を祈願するためにこのライオンを店頭によんで踊ってもらうんので、一日中あちこちから「しゃんしゃんしゃんしゃん…」というライオンダンス独特の音楽が聞こえてくるし、爆竹の音も響いてお祝いムードが高まります!

 

移民の多いハワイでは、各国の文化が土地に根付いてローカルの日常に取り入れられています。クリスマスを祝い、お正月には門松を飾ってお祝いし、旧正月にはライオンダンスでお祝いをする。こんな風に違った文化を尊重して様々な習慣を取り入れているからこそ、今の「ハワイらしさ」みたいなものが生まれているんじゃないかな〜と思います。ということでHappy Chinese New Year!

 

以上、ハワイのひとみでした。

ではではまた来週〜!👋😄 

 



01/18/20

今日は地元の人にとって欠かせないお店、Longs Drugsをご紹介!

薬をはじめ日用雑貨や化粧品、食品なども扱うドラッグストアで、アメリカ本土で展開しているチェーン店 Longs Drugs。ハワイには1954年に上陸、現在ではハワイ州内に40店ほどがあります。全国チェーンのドラッグストアとはいえ、ハワイの店舗で扱う商品はローカルの生活を垣間見ることのできる面白い場所!たとえばスパムが山のように積み上げられていたり、リーヒンムイと呼ばれる干した梅を使ったハワイ風のスナックがたくさん並んでいたり、履物のコーナーにはビーチサンダルがずらっと並んでいたり…。


おみやげ用のチョコレートやコーヒーなんかを買いに行くという方も多いかもしれませんけど、アメリカっぽいキッチン雑貨や文房具などもリーズナブルでなかなかかわいいものがあったりします。

こちらの人はコンビニのような感覚でLongsを利用している感じかも。私もちょくちょく行きます!ちょっと必要なものがある時、大型店の中を探して歩くのはなんとな〜く面倒だけど、Longsならどこに何があるか大体わかってるので便利なんです。

Longsではクーポンのついたチラシを毎週発行してますが、ローカルの人たちがこの広告を見ながらショッピングしている姿をよく目にします。お買い得品は見逃しません!

この広告、ネット上でも見られるのでぜひチェックしてみてください。

Longs Drugs オンラインチラシ >> http://bit.ly/2Nurr4H

 

以上、ハワイのひとみでした。
ではではまた来週〜! 



01/11/20

ハワイでも気温が下がるこの季節、ローカルの人が食べたくなる暖かいメニュー、それはサイミン!サイミンとはハワイ特有の麺料理ですが、プランテーション時代に日本をはじめ各国からの移民の方達がよく食べていたということから、色々な国の食文化や嗜好が混ざり合って現在のかたちになったと言われています。

 

このサイミン、いってみればあっさり味の懐かしいラーメンといった感じで、スープは鰹節や昆布、干しエビなどからダシをとっています。具は細かく切った青ネギ、ナルト、卵、スパムなどが乗っているのが標準的かな〜。お店によってスープの味もトッピングも違うので食べ比べてみるのも楽しいです!

 

以前番組でも取材したオアフ島ワヒアワにあるシゲズ・サイミン (Shige's Saimin Stand) では1990年のオープン以来、麺もスープもその日に使用する分はすべてお店のキッチンで毎日手作りしています。ここではサイミンとハンバーガー、あるいはサイミンとテリヤキビーフの串焼きを合わせてオーダーするのがのローカル風な食べ方だと、オーナーのロス・シゲオカさんが教えてくれました。

 

そして地元ファミリーレストランチェーンの Zippy's でも、サイミンは人気メニュー。その中でも Zip Min というメニューはサイミンに中国野菜のチョイサム、ナルト、卵焼き、ワンタン、そしてエビフライまで乗った豪華バージョンでボリュームもばっちり!ちなみにハワイのマクドナルドではローカルメニューとしてカップに入ったサイミンが食べられます。ハワイを訪れた時にはぜひハワイならではのローカルメニューをお試しあれ〜!

 

以上、ハワイのひとみでした。
ではではまた来週〜! 



01/04/20

Hauoli Makahiki Hou!
ハワイスタッフのヒトミです 。今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

 

毎年12月~4月頃、ハワイ周辺にはザトウクジラが姿を現します。普段はアラスカの海で暮らしていますが、繁殖や出産、育児のためにハワイの暖かい海へ移動してくるからなんです。

 

1973年に絶滅危惧種に指定されて以降、様々な保護活動のかいあって数は少しづつ増えてきていますが、引き続き多くの海洋学者たちによって研究が続けられています。

 

実は、一般の人でもボランティアとして参加できるリサーチプロジェクトがあるんです!それは海岸線から海を眺めてどのくらいのクジラが出現するかをカウントするというもの。毎年1月、2月、3月それぞれの最終土曜日にオアフ島、ハワイ島、カウアイ島、マウイ島で実施されるリサーチです。

 

ザトウクジラは呼吸のために定期的に海面まで上がりますが、大人のクジラだと45分くらいは息を止めることができるそうで、その息継ぎに上がってくる様子やもしかしたら水からジャンプする姿、ブリーチングを見ることができるかも〜?私も何度かオアフ島の海岸線沿いからザトウクジラの潮吹きや黒い体が海面からのぞくところを目撃してますが、まーそれはそれは興奮します!!

 

広い海を泳ぎ廻るクジラの生態はまだまだわかっていないことも多く、こういったリサーチで得られるデータも重要な研究材料になるんだそうです。子供から大人まで参加できるこのボランティア、事前の申し込みが必要です。興味のある方は下記のリンクをチェックしてみてくださいね〜♪

 

オアフ島、ハワイ島、カウアイ島